ver. 1.6.0
化学のみかみ一桜
化学のみかみ一桜

化学のみかみ一桜

化学のみかみ一桜先生のプロフィール

※映像教材等のリンクは末尾にあります。

■プロフィール
九州大学院卒
34歳の時に化学の研究者をやめて、みかみ塾を開塾。
2年半で口コミを中心に生徒がいきなり600人まで増える。
開塾初年度に塾生のセンター試験化学の最低点が84点だったことから話題になり、その後、塾生の7割が96点を超えるなど、数々のエピソードをもつ。
趣味は海外旅行。毎月海外に行っており、旅人の顔も持つ。
特にジャングルを好んで旅行することが多い。

■リンク集
学びエイド(映像講義)
Youtube「旅人みかみの受験化学の研究」
ブログ「旅人みかみのブログ」

化学のみかみ一桜先生の著書

ゴロゴ.netからのお知らせ
記事一覧

化学基礎小テスト問題3

【問3】次の人物とその人物に関係の深い文章の組み合わせとして最も適当なものを、下の①~⑧のうちから1つ選べ。

 a ドルトン b アボガドロ c ゲーリュサック d プルースト 

ア それぞれ気体は、何個かの粒子が結合した分子という粒子から出来ている。

イ 気体どうしの反応では、反応に関係する気体の体積の間には、同温、同圧のもとでは簡単な整数比が成り立つ。 

ウ すべての物質は、それ以上分割できない原子からなる。 

エ ある化合物を構成する成分元素の質量比は、常に一定である。

  

 a b c d
① ア イ ウ エ
② ア ウ イ エ
③ イ ア ウ エ
④ イ ウ エ ア
⑤ ウ ア イ エ
⑥ ウ エ イ ア
⑦ エ イ ウ ア
⑧ エ イ ア ウ











【解答】 ⑤

【解説】 

ア 分子説    イ 気体反応の法則

ウ 原子説    エ 定比例の法則

「アブっ!どけっ!」

  アボガドロ…分子説  ドルトン…原子説    

「『バードくん、テープ知らーん?』劇」

  倍数比例の法則…ドルトン

  定比例の法則…プルースト

  質量保存の法則…ラボアジエ   

  気体反応の法則…ゲーリュサック

この記事のページへ >>
LINEで送る

『うねりがくるのでその分も考えておこう』

ここら辺でみんなのギアが一段階あがる。
するとそれまで大きく動かなかった自分の順位が動くようになる。

例えば…順位は相対的な問題だから、自分は勉強しているつもりでも、周りの人がそれ以上に勉強すれば賢くなっているのにも関わらず判定が下がってくる。
判定が下がってくると、スランプになったり、あきらめたりしてさらに順位を落としたりする。
そういう子が上から落ちてきたり、あるいは逆にスパートが凄まじい子に抜かされたりする。
だから、最後になればなるほどメンタルの影響が大きくなる。

自分を信じてひたすら前進するしかない。
歴代最高のがんばり記録を更新し続けていくしかない。
世の中には信じられないような子がいっぱいいる。
それに君がなろう。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『あと半分』

ラスト100日から半分が過ぎた。
あと半分だね。
あの日からどれだけがんばって来れただろうか?
ラスト100日から今日までの日数しか残されていない。
でもね。
必死さが違うはずだ。
毎年思うが、全員同じくらい必死でがんばるはずのラスト50日なのに、ここからガンガン伸ばしてくる
子がいるんだよね。
もちろん、見てるとかわいそうなぐらい必死でやってる。
標準を突き抜けてるがんばりなんだよね。
今過ごした50日の倍の気合いでやれば、まだまだ上がるから。
なんとしても自分を合格させよう。
今が君の限界か?
突き抜けてがんばろう。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

「化学基礎小テスト」第1回

まずは、著者のおふたりによる、紹介ビデオをご覧ください(3:26)。

そう、「化学基礎ゴロゴ」があれば、1週間でマスターでき、プラス25時間でセンター試験満点を狙えるのです!
やるっきゃない!
https://www.amazon.co.jp/dp/490742230X

それでは、今日の問題です。
【問1】金属を利用することにより、人々の生活は飛躍的に向上した。次のa~dに示す物質のうち、合金であるものの組み合わせを、下の①~⑤のうちから1つ選べ。
 a アルマイト
 b 塩化銀
 c アマルガム
 d 青銅

① d  ② c・d  ③ a・d  
④ a・c・d  ⑤ a・b・d

【解答】
















【解説】 
a アルマイトはAlの表面を酸化物にした製品
b 塩化銀はAgClという化合物
c アマルガムはHgと他の金属との合金
d 青銅はCuとSnとの合金

次回は、内容前後しますが、著者紹介映像とともに出題します!

この記事のページへ >>
LINEで送る

『楽しいことは合格してから』

楽しいことは合格してからだ。
合格したら楽しいことがたくさんある。
何時に起きてもいい。
好きな人とだってたくさん会える。
(または素敵な人がきっと見つかる。)
遊んでもいい。
旅行してもいい。
DVDを見てもいい。
そして、なんといっても苦しい勉強をしなくてもいい。
だから、今はしっかりがんばろう。
周りの人より1問でもいいから必ず覚えよう。
ここで気を抜くと、センター当日に後悔することになる。
いい?
今、楽しいことは全部お預けだ。
今はひたすら集中することに心がけよう!
がんばれみんな。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『ラスト60日 与えられた時間』

あと、60日。どんどんセンター試験が近づいてくる。
1分1秒がもっともっと大切になってくるはずだ。
試験が近づいてくると、顔を洗う時間、学校に行く時間さえ勿体ないと思えるようになってくる。
どうせそんなことを思うのなら、今から時間を大切にしよう。
与えられてる時間は全員に平等だ。
東大を受ける人にも、浪人生にも、E判定の人にもみんな平等だ。
だからこそ、だからこそ時間を大事にしなければいけない。
1分1秒はもう2度と戻ってこない。
センター試験までの時間は絶対に戻ってこない。
だからこそ、時間を大切にしないと…

みんな?
今日は友達との会話を減らして、勉強に集中だよ。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『だから何?』

苦しい?
悲しい?
だから何?
君はお母さんが勉強しろというからやってるのか?
君が大学に合格することとお母さんの人生は直接は関係ない。
お母さんの応援は、純粋に君のために向けられていると解釈すべきだ。
他人にあたるのはおかしい。
親にも友達にも八つ当たりするのはおかしいよ。
勉強は、君が始めたんだから…
君が自分で始めたんだよね?
ならば、苦しさも悲しさも君の中で整理しよう。
俺らだって、その苦しさを経験してきたんだ。
さあ、がんばって、俺らの仲間になろう。
さあ、がんばって…

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『1点』

1点の重さは重要だ。
みんなの大学は、みんなと同じくらいの成績の子が集まる。
周りの人はみんな賢そうに見えるが、本当にみんなと同じくらいの子が集まるのだ。
ケアレスミスする痛い1点。
前日たまたまやったラッキーな1点。
本当に1点で合格したり落ちたりする。
本当に1点の勝負だ。
マジである。
だからこそ、1点を大切にしたい。
その1点を取るためにしっかり勉強しているのだ。
あと1点。
あと1点。
がんばれ!みんな。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『残り140日!!』

誰だって弱気になることがある。
誰だって不安になる。
そんなことを考えているとどんどん時間が過ぎていく。
あと、70日。
悩んでいる時間はもうあるはずがない。
とにかく前進だ。
ひたすら前に進むしかない。

センターまではあと70日だが、1日に他人の2日分の勉強をもしもやることができたなら、残りの日数が倍増する。
あと140日もあったら超上がるよ。
しかもあと70日のモチベーションのままで。
ラスト一ヶ月くらいになると、モチベーションがさらに半端じゃなくなる。
その頃になると、3日くらいで参考書を一冊終わらせたりできるようになる。
奇跡なんていくらでも起こせるに決まっている。
起こすかどうかは君だけが決めることなんだから。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『模試の点は気にせずに…』

10月、11月の模試は難しい。
模試の結果で凹む必要はない。
だって今月と来月の模試は難しいんだから…
センターを受ける人はセンター試験さえ出来ればいいのだ。
センター試験の難易度の問題さえ出来ればいい。
難しさの違う模試のデータで悩む必要はない。
全国には何人もそれで悩む人が出てくる。
悩んでいる時間があったら、みんなは勉強しよう。
俺は、俺に関係ない生徒が悩んでくれて落ちてくれるとうれしいのだ。
いい?
みんなの勝負はセンターだ。
そこだけ見据えてしっかりがんばろう!

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る
3/4...234