ver. 1.6.0
化学のみかみ一桜
化学のみかみ一桜

化学のみかみ一桜

化学のみかみ一桜先生のプロフィール

※映像教材等のリンクは末尾にあります。

■プロフィール
九州大学院卒
34歳の時に化学の研究者をやめて、みかみ塾を開塾。
2年半で口コミを中心に生徒がいきなり600人まで増える。
開塾初年度に塾生のセンター試験化学の最低点が84点だったことから話題になり、その後、塾生の7割が96点を超えるなど、数々のエピソードをもつ。
趣味は海外旅行。毎月海外に行っており、旅人の顔も持つ。
特にジャングルを好んで旅行することが多い。

■リンク集
学びエイド(映像講義)
Youtube「旅人みかみの受験化学の研究」
ブログ「旅人みかみのブログ」

化学のみかみ一桜先生の著書

ゴロゴ.netからのお知らせ
記事一覧

『ラスト80日』

勉強は競争だ。
言い訳をしている場合じゃない。
本当に勝ちたいなら、ひたすらがむしゃらにやるべきだ。
たったの80日しかないのである。
試験までの1日を無駄にしたら、1.3%を無駄にしたことになる。

勉強の苦しさを和らげるコツは、合格に対して強烈な信念を持つことだ。
必ず合格することを全力で設定すれば、日頃の勉強の苦しさが軽減される。
受験は精神力の戦いだ。
志望校を下げるか?浪人を決めるか?じゃなければひたすら前に行くしかない。
とにかく覚えられるだけ覚えよう。

君には春の桜が何色に見えるんだろう?

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『何になりたいのか?』

医者になりたい人がいるとする。
どうしても医者になりたい。
だから、医学部に行きたい。
「医者になってどうしたいの?」
「困ってる人を助けたいです。」
「一生懸命に助ける?適当に助ける?」
「一生懸命に助けます。」
「じゃあ、医者になることと一生懸命に助けることはどっちが重要?」
「…一生懸命に助けることです。」
「そうか。それなら、今の勉強も一生懸命じゃないと矛盾するね。
君は、何になりたいかより、どういう生き方をしたいかということに重点を置いてるんだから。」
一生懸命にがんばるしかないよね。

きっと多くの人に当てはまるんじゃないだろうか?
一生懸命に生きようと思ってる人が多いんじゃないだろうか?
明日も一生懸命にがんばろう。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『本当にベストか?』

いよいよあと90日を切ったね?
さあ、どんどん近づいてくるよ。
上げるために使える時間がどんどん減ってくる。
そしてだんだん寒くなってくるね?
どんどん受験生らしくなる。
そろそろ壁に貼ろうね?
『○○大学余裕で合格』って。
必ず合格しないといけないんだよ?
絶対だ。

もしもミスするともう1年やらないといけないんだよ?
できる?
こんな苦しいの?
時々もう1年覚悟しました。って早くから敗北宣言する人がいるけど、そういう人はさらに3年かかるんだよ。

いい?
絶対に今年決めるんだよ!
ちゃんと寝る前に確認だ!
『本当に今日はベストが尽くせたか?』

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『戦うサムライ』

がんばってくると口数が減ってくるよね?
周りの音が聞こえなくなってくる。
そして、ひたすら勉強モードへと突入だ。
そうなってくるとこっちのものだ。
そうなるまでは我慢しないといけない。
多くの人は、その我慢が出来ないんだよ。
音楽聴いたり、漫画を見たり、寝転がったり…

さあ、想像してみよう。
君は今から戦うサムライだ。
今は夜。
外には砂利が敷いてある。
はだしで降りて砂利の上に正座してみるんだ!
初めは砂利の痛さを想像できるはずだ。
しばらくしたら、外のひんやりした風。静けさ。夜のにおい。感じるよね?
戦う前に精神を統一し、闇夜に一体化だ!
心の中には青白い炎が真っ直ぐに灯っているはずだ。
それが君の炎だ。

よし。
…そーっと目を開けて。

これで波動が落ち着いたはず。
君自身の力を、机の上にこめよう!

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『ラスト100日』

とうとうあと100日だ。
泣いても笑ってもセンター試験まであと100日。
あと100日後の朝…君はどんな顔してセンター会場にいるだろう?
いい顔?
恐怖?
どんな気持ちだろうか?

緊張しない一番の方法は受験勉強つまり本番までにしっかりベストを尽くしておくことだ。
「あんなにやったんだから、もうどうすることもできない。」
ここまで心が達していれば、ほとんど緊張することなく現実を受け入れられ、自分の実力をしっかりと発揮できるようになる。
その準備はあと100日だ。
必ずやってくる。
自分を偽らず、最前を尽くそう。

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

『2019』

2019のセンター試験。
それが君が目指すセンター試験だ。
何のために勉強するのか?
合格するためだ。
それ以外の勉強(例えば、ただぼーっと机に向かって何時間も低い集中で勉強しただけとか)は意味がない。
合格するために勉強するわけだから、常に勉強の気持ちを合格の方向、つまり何点とるか?ということに向けるべきだ。
絶対にがんばり続けよう。

俺の受験勉強は苦しかった。
あれ以上苦しい経験はない。
合格するかどうか分からない不安と戦う心が苦しかった。
眠気と戦う身体が苦しかった。
最後の頃には、テスト問題を見るだけで吐き気がしてきた。
試験を受けられないんじゃないか?とまで思った。
でも、きっと俺だけじゃないはず。
目標を達成した人はみんな苦しかったはずだ。
みんな自分のドラマがあるはずだ。
俺は、試験のあとは、体がどうなってもいいと思った。
せめて試験さえ無事に受けられれば…
そう思った。

もし中途半端な頑張りであれば、必ず将来後悔するはずだ。
あの時やっとけば…
そう思うはずだ。

だからみんなはベストを尽くさねばならない。
自分に偽らず、自分のベストを尽くそう。

「今の勉強は本当に自分のベストか?本当にそれが限界か?」

君が絶対に合格しますように…

この記事のページへ >>
LINEで送る

自己紹介

皆さん。こんにちは。

「化学基礎ゴロゴ」の著者のみかみです。

俺はもともと化学の研究者だったんだけど、ある日突然、自分の塾を作って化学の先生になった。

初年度センター試験の塾内最低点が84点だったことから、噂になってあっという間に生徒が増えてしまった。

塾生の7割の生徒が94点以上をとった年もある。

卒塾生は日本中の難関大学のほとんどと医学部や獣医学部などにいる。

どうしてか?

それは俺の経歴が少し変わってるからだと思っている。

俺は工業高校の化学科に進学したあと、化学会社に就職した。
そのあと大学に進学し、研究者として復職した。
塾にも予備校にも通わずに独学で勉強して来た。
だから俺の化学は我流なのだ。
我流の化学をみんなに伝えている。
それでみんなじゃんじゃん高得点をとっている。
君にもその方法を伝えよう。

化学の勉強方法は簡単だ。
最初から最後まで参考書(つまりこれ)をきちんと覚える。
そして問題集をやって定着させる。
以上だ。

あっ、言い忘れたが俺は裏ワザとかワープとかが大好きだ。
試験さえ上手に解ければ良いわけだから、簡単にできるものは簡単に覚えていこう。
その方法もちゃんと載せておいた。
時間が余っている子は他の参考書を読んで欲しい。
30分の試験時間、うまくやれば15分もかからずできるはずだ。

この本を完璧にやって100点取ってもらうことを願っている。

GOOD LUCK!

この記事のページへ >>
LINEで送る

「化学基礎ゴロゴ」来月発売予定

詳細は、来週!

この記事のページへ >>
LINEで送る
4/4...234