ver. 1.6.0
英語の 徳村 ヒデキ
ヒデキ

英語の徳村 ヒデキ

英語の 徳村 ヒデキ先生のプロフィール

講師:徳村ヒデキ

光翔学園副代表。高等部 英語専属講師。
学習塾で英語の教鞭を取って20年以上。 「4つの品詞で識別する英文構造把握の理論」と自ら考案した「英文和訳の14のルール」を用い、センター試験対策、難関大2次試験の筆記対策まで万全の対策授業を行っている。「英語は世界で最もシンプルな言語である」を持論に「難しいことを難しく」説明するのではなく、誰にでも理解できるよう「難しいことを簡単に」説明し英語の面白さを伝えている。

http://koshogakuen.com/

先生へ質問コーナー
ゴロゴ.netからのお知らせ
記事一覧

徳村ヒデキの入試英語小テスト44回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

さて、前回の「仮定法」に引き続き、今回も文法の確認ができる内容にしてみました。

今日は「関係詞」についてです。

まずは(  )に入る関係詞が何になるか考えてみましょう。

■問1■
I’ve been deceived by the man (   ) I thought was my best friend.

(1)who
(2)whom

■問2■
I’ve been deceived by the man (   ) I thought to be my best friend.

(1)who
(2)whom

→解答・解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=44

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト43回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

今回も演習問題をお届けします。

それでは早速問題を解いてみましょう。

■問1■
If she (   ) late, give her this message.

(1)were coming
(2)would come
(3)should come
(4)shall come

■問2■
He would have become a great marathon runner, if it (   ) for his knee problem.

(1)was not
(2)had not been
(3)has not been
(4)would not have been

→解答・解説はコチラ

http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=43

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト42回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

さあいよいよ新学期もスタートする時期ですね。

みなさんの周りでも受験ムードが日に日に高まってきていることでしょう。

ここからは試験本番を見据えた勉強へとシフトしていく人も多いはずです。

このタイミングで頭も体も一旦リフレッシュさせて、引き続き受験勉強を頑張っていきましょう!

さて、このメルマガでも今回から、センター試験対策を意識した問題演習を行っていこうと思います。

知識系の問題が中心となりますので、サクサク解いて、知識の確認をしてください。

それでは、今日の問題です!

■問1■
Sarah is always able to answer the teacher’s questions. She is such a (   ) girl.

(1) dependent
(2) lazy
(3) shy
(4) smart

■問2■
“Hurry up or we’ll be late!”
“Don’t worry. I’ll be ready (   ) two minutes.”

(1) after
(2) by
(3) for
(4) in

解答・解説はコチラ

http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=42

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト34回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

今回も、読者のみなさんからの相談に答えていきましょう!

今日は「過去問の活用法」についてです。

 ・ ・ ・ ・ ・

夏休みに入って、いよいよ過去問の研究・演習に取り組み始めようとしている人が多いようです。

そんな中、「過去問をどのように使えばいいですか?」という質問が多く寄せられました。

この「過去問」というのは、実は非常にありがたいものなのです。

なぜなら、自分の受験する大学の問題レベル、問題量、設問形式、解答時間など、傾向と対策を知るのに十分な情報が網羅されているからです。

「赤本は値段が高い」と考えて購入をためらっている人もいるようですが、それは大間違い!

その価値からすれば、今の値段の倍、いや、10倍にしたとしても安いものだと言えるのです。

そんな「過去問」の活用法を紹介しましょう。

→解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=34

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト33回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

今回も読者のみなさんからの相談にお答えしていきます。

内容は「長文の学習法」についてです。

 ・ ・ ・ ・ ・

「長文の学習」というのは、長文問題を読み解いて、ただ答えを確認するだけではありません。

「だいたいの内容が掴めて、答えも合ってたからOK!」

こんな感じで終わりにしちゃってはいませんか?

これでは学習効果は期待できませんぞ!

→つづきはコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=33

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト32回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

今回は、読者のみなさんからいただく感想メールの中で、特に多く寄せられる相談に答えてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

内容は「英作文の学習法」についてです。

 ・ ・ ・ ・ ・

まずは英作文に関して、以下の問題を考えてみてください。

問:次の日本語を英語にしなさい。

「この橋は、できて20年になります。」

→解答・解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=32

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト31回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

いよいよ8月、受験生においては、これから8月いっぱいまで、怒涛の毎日が続くことでしょう。
暑さに負けることなく、しっかり計画を立てて乗り切りましょう!

この夏の間に、英語を徹底的に勉強しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

長文読解や過去問演習などを進めるのも良いですが、この時期だからこそ「文法」をしっかり仕上げておくことを忘れないでください。

夏休みで文法を一気に仕上げたいという人にお勧めなのが、僕のDVD教材『英文法・必修講座』です。

この講座はDVD9枚組約16時間の講義が収録されています。

「準動詞」「関係詞」「時制・仮定法」といった、英文法の柱となる内容を完全網羅した講座です。

授業では、「なぜその場面でその文法事項を用いなければならないのか?」というように、徹底的に「なぜ?」にこだわって解説しています。

たとえば、不定詞(to V)と動名詞(Ving)はどちらも「~すること」と訳すことができますが、それぞれが持っているイメージの違いは理解していますか?

この違いを理解していないと、文法問題だけでなく、読解問題や英作文においても影響が出てきてしまいます。

英語の土台はやっぱり「文法」なので、あいまいな理解のままで受験勉強を進めるのは危険だということを肝に銘じておきましょう。

これまで文法を丸暗記でやってきた人には、まさに「目からうろこ」の内容だと思います。

また、この講座ではたくさんの演習問題も用意しているので、知識のインプットだけでなく、アウトプットもできるようになっています。

演習は4択問題が中心で、正解の根拠の説明はもちろんのこと、不正解の選択肢がなぜダメなのか、という点もしっかり解説しています。

間違いの理由が見極められるようになってこそ、どんな試験にも対応できる英語力が身についた、と言えるのです。

この『英文法・必修講座』はDVD講座なので、短期間で集中的に学習することも可能です。

「ちょっと英語は弱いな…」と感じている人も、この講座を終えた後には、その苦手意識が払拭できているはずです!

ぜひこの夏はヒデキとともに、英語を得意科目へと変えていきましょう!!

DVD講座の詳しい内容はこちらから

『徳村英樹の英文法・必修講座』

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト30回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

今回は「前置詞を含む熟語の考え方」の最終回です。

前置詞の持つ「イメージ」がしっかり頭に入っているか、問題を解いてチェックしてくださいね!

それではいってみましょう!!

次の英文の(  )内に適切な前置詞を入れてください。

■問1■
Your helping relieved me (  ) the bother of cooking dinner.
「あなたが助けてくれたので夕食を作る手間が省けた。」

■問2■
They were engaged (  ) a heated discussion about the school festival.
「彼らは文化祭のことについて激しく議論していた。」

→解答・解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=30

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト29回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

夏真っ盛りですね!
うだるような暑さに負けず、気持ちはさらに熱くいきましょう。
「頭は熱いうちに打て!」です。

ただいまお届けしている連続シリーズ「前置詞を含む熟語の考え方」も、いよいよフィニッシュといきましょう。

今回と次回で最終チェックです。
前置詞が持つ「イメージ」をもとに問題が解けるかチャレンジしてください!

次の英文の(  )内に適切な前置詞を入れてください。

■問1■
I tried to forgive my best friend (  ) his obvious lies, but I couldn’t.
「私は親友の見え透いたうそを許そうとしたが、できなかった。」

■問2■
You must remember that you can rely only (  ) your own resources.
「自己資金しか当てにできないことを覚えておきなさい。」

→解答・解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=29

この記事のページへ >>
LINEで送る

徳村ヒデキの入試英語小テスト28回

みなさんこんにちは。徳村ヒデキです。

さて今回も「前置詞を含む熟語の考え方」をお届けします。

繰り返して言いますが、前置詞は大きな「イメージ」をつかむことが大切です。
熟語の知識を頼りにするのではなく、イメージを元に解答できるようになるのが理想ですよ!

それでは今週の問題にいってみましょう!

次の英文の(  )内に適切な前置詞を入れてください。

■問1■
He will take part (  ) the next match.
「彼は次の試合に参加するだろう。」

■問2■
I was punished (  ) speeding.
「私はスピード違反で罰せられた。」

→解答・解説はコチラ
http://gorogo.com/m/ans.php?g=17hd&n=28

この記事のページへ >>
LINEで送る
5/8...456... »|