ver. 1.6.0
板野 博行
国語のゴロゴ

板野の受験指南

板野 博行先生のプロフィール

京都大学文学部国文科卒。東進ハイスクール、東進衛星予備校で現代文と古文を担当。受験研究所『アルスファクトリー』代表。『古文単語ゴロ565』(アルス工房)は受験生から圧倒的な支持を受けるベストセラー。入試現代文攻略の解法を教える問題集シリーズ『板野博行のターゲット現代文1~5 改訂版』(旺文社)など著書多数。

板野 博行先生の著書

先生へ質問コーナー
ゴロゴ.netからのお知らせ
記事一覧

古文単語小テスト

おはよう!
今年も残りわずか
気を引き締めて頑張ろう!
【295】ひなぶ
雛ブリブリ[__]

【296】ひねもす〔終日〕
昼寝モスバーガーで[__]

【297】ひる
昼までに[__]

【298】ふうが〔風雅〕
フゥガーフゥガー、[__]の道

【299】ふすま〔衾〕
ふすま[__]っ[__]だ

【300】ふりはへ
不倫はえー、[__]しちゃう
「ふうが」といえば松尾芭蕉。
江戸時代前期の元禄期の人物だ。
芭蕉がらみの出典は入試でもよく出るので、『古文出典ゴロゴ』で確認してね。
解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15go&n=116

?g=15go&n=116

この記事のページへ >>
LINEで送る

センター国語小テスト

高校生・受験生のみんな、おはよう!

今日はセンター古文対策だ!

センター本番まで残り期間もわずかになった。

くどいようだが、古文は文法と単語をしっかりマスターしてくれ!

【問題】
「おはしまさせばや」の文法的説明を後から一つ選べ。

(1)「おはし」はサ変動詞、「まさ」は四段動詞、「せ」は使役の助動詞、「ば」は接続助詞、「や」は疑問の助詞である
(2)「おはしまさ」は四段動詞、「せ」は過去の助動詞、「ば」は接続助詞、「や」は疑問の助詞である
(3)「おはしまさ」は四段動詞、「せ」は使役の助動詞、「ばや」は願望の助詞である

解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15ce&n=114

この記事のページへ >>
LINEで送る

古文単語小テスト

おはよう!
さぁ今日も早速ゴロチェックだ!

【289】ひがひがし
日が東に沈むとは[__]

【290】ひたぶる(なり)
額ブルブル[__]

【291】ひつ
ひつこくすると[__]

【292】ひとかたならず
人肩ならす、[__]

【293】ひとりごつ
ひとりで「ごつん」と[__]

【294】ひとわろし
人聞きわろし[__]
人は露出狂[__]

「ひたぶる」の「ひた」は、「ひた走る」「ひたむき」の「ひた」と同じ。
つまり「ひたすら」の意なのだ。

解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15go&n=115

この記事のページへ >>
LINEで送る

メリークリスマス!解答です

正解発表!!

 

 

 

二重傍線部「心を詠める歌なり」に含まれる動詞は「詠め」。

 

下の「る」は、完了の助動詞「り」の連体形で、これは四段活用動詞の已然形(命令形という説もある)か、サ行変格活用動詞の未然形に接続するもの。

センター古文で最頻出の助動詞だ。

 

ここでは、「詠め」はマ行四段活用動詞の已然形と判断できる。

動詞の活用の種類が問われているので、同じ四段活用の動詞を探す。

 

選択肢では、③の「染む」が四段活用動詞なので、これが正解。

 

残りでは、

 

①「おぼえ」はヤ行下二段活用動詞。←センターでは動詞最頻出は下二段動詞!!

 

②「見」はマ行上一段活用動詞。←上一段 動詞は十数語なので覚えておこう!! 下の「し」は過去の助動詞「き」の連体形。

 

④「あら」はラ行変格活用動詞。←ラ変動詞も数が少ないので、覚えておこう!!

 

⑤「わぶれ」はバ行上二段活用動詞。←「ラ行」なんて言わないように!!

 

この記事のページへ >>
LINEで送る

クリスマスも勉強だ!

メリークリスマス!!

今日もセンター過去問に挑戦だ!!

 

問 波線部(a)~(e)のうち、二重傍線部「心を詠める歌なり」の部分に含まれる動詞と同じ活用の種類の動詞が含まれるものはどれか。次の①~⑤のうちから一つ選べ。

 

① (a) ただ事ともおぼえず

② (b) 一目見しより

③ (c) 色には人の染むことも

④ (d) 言の葉あらば

⑤ (e) わぶれば

 

 

今日も本番のつもりで解答を送ってきてください!!

ケアレスミスに注意!!

 

http://gorogo.net/line-answer/

 

この記事のページへ >>
LINEで送る

センター国語小テスト

高校生・受験生のみんな、おはよう!

今回は「センター国語対策 ~時間配分編~」と題して、本番での「解く順番と時間配分」を伝授しよう。

センター試験国語の試験時間は80分。
この80分で評論・小説・古文・漢文の4題を解くのは、かなり至難の業だ。

そこで大切になってくるのは「問題を解く順番」だ。

さて、どう解くのが最も高得点に結びつくのだろうか!?

続きはこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15ce&n=113

この記事のページへ >>
LINEで送る

古文単語小テスト

おはよう!
年の瀬も押し迫ってきたが、風邪など引いていないかな?
ここから試験の日までは体調管理も受験対策の1つになるので、うがい・手洗いは必ず励行するようにしよう。

【問題】
「恋しくはとぶらひ来ませ」を口語訳せよ。
(奈良女子大学)

解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15go&n=114

この記事のページへ >>
LINEで送る

センター国語小テスト

高校生・受験生のみんな、おはよう!

今日はセンター語句対策だ!

センター小説の語句問題は、「辞書的な意味」を優先して解くこと!
本番直前まで地道に語彙力を増やしていこう!

【問題】
次の語句の意味として正しいものを選べ。

1.「匹敵する」

(1) 相手と比べて同じぐらいだ
(2) 比較のしようがない
(3) 簡単に敵に勝ってしまう
(4) 敵に比べると負ける

2.「首尾よく」

(1) 偶然
(2) 巧みに
(3) 終始一貫
(4) 結果として
(5) うまい具合に

3.「これ見よがしに」

(1) 見られていることを意識して
(2) 見て見ぬふりをして
(3) 見ることを強制して
(4) 得意になって見せつけて

解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15ce&n=112

この記事のページへ >>
LINEで送る

古文単語小テスト

おはよう!
今日も古文単語ゴロのチェックからスタートだ!

【283】はた
はた[__]

【284】はつ
初Hで[__]

【285】はな〔花〕
花と言えば[__]、奈良漬け[__]ー

【286】はばかる
派閥軽~く[__]

【287】はやく(う)~けり
はやう 蹴りーな、[__]

【288】はらから〔同胞〕
腹から[__]飛び出す

「はな」は古典常識。
平安時代(中古)と奈良時代(上代)では違う花を指したのだ。
ちなみに「山」と言えば「比叡山」、「祭り」といえば「賀茂の祭り(葵祭り)」だぞ。

解答はこちら
http://gorogo.net/SCG/m/ans.php?g=15go&n=113

この記事のページへ >>
LINEで送る

正解発表!

正答率は50%

正解発表!

 

6  「る」は存続、「に」は断定

 

「思へる」の「る」は、「エ段+る」なので、完了・存続の「り」の連体形。ここでは「存続」しか選択肢にないので、5か6に絞る。

 

上に心情語の「思へ」があるからと言って、自発!と単純に考えないこと!

ここの「思へ」は、四段動詞の已然形。

 

「にや」の「に」は断定の助動詞「なり」の連用形。「にや」の下には「あらむ(ん)」が省略されている。

   

直前の「る」が連体形なので、「に」は完了ではなく、断定。

 

「にぞ・になむ・にや・にか・にこそ」のように、係助詞を伴う場合の「に」は断定である場合が圧倒的に多い。

正解できた人は、なんでこの問題ごときで正答率が低いの?と疑問でしょう。

一方、不正解の人は、いつまで経っても間違えるのです。

 

つまり、この問題は文法力を試すのに、大学入試の出題者にとってもっともオイシイ問題の一つなのです。

 

ちなみに文法ゴロゴの該当ページは、P44とP40です。

間違えた人は、すぐさま復習です。

この記事のページへ >>
LINEで送る
44/44...424344