ver. 1.6.0

ゴロゴ.netブログ記事一覧

カテゴリー: センター90%突破コース
板野 博行
板野 博行

9月4日 センター古文問題の解答解説!

正解発表!

まず、ここでのポイントは係助詞「こそ」の結び。

係助詞「こそ」の結びは已然形なので、選択肢で「め」ないし「らめ」が已然形の説明になっているものを探すと、①と④の二択。「已然形+ば」の形。

ちなみに②と⑤の「討ちとどめ」は「させ」の前で未然形、③と⑥の「候へ」は命令形(=お助けくださいませ)なので×。

残る①と④では、「つ/らむ」という複合助動詞の存在を知っていれば、正解は④とすぐ分かる。

訳から考えると、「聞きこそしつらめ」は「きっと聞いているに違いない」と訳せる。
一方、「つら」という動詞(「つる」の未然形?)があるとして、解釈しようにも解釈することはできない。

①②③を選んだ人は、読解力にも問題があるので要反省。

なお、複合助動詞については、『文法ゴロゴ』のP36(「ぬ」)とP52(「つ」)を参照のこと。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

センター古文過去問!

今日はセンターの過去問から出題します。

問 傍線部(a)「聞きこそしつらめ」の「しつらめ」の文法的説明として最も適当なものを、次の①~⑥のうちから一つ選べ。

① 「し」は動詞の連用形、「つら」は動詞の未然形、「め」は助動詞で「御身にて候へば」の「候へ」と同じ活用形。
② 「し」は助詞、「つら」は動詞の未然形、「め」は助動詞で「討ちとどめさせ給ひても」の「討ちとどめ」と同じ活用形。
③ 「し」は助詞、「つら」は動詞の未然形、「め」は助動詞で「かひなき命をば、御助け候へかし」の「候へ」と同じ活用形。
④ 「し」は動詞の連用形、「つ」は助動詞の終止形、「らめ」は助動詞で「御身にて候へば」の「候へ」と同じ活用形。
⑤ 「し」は助詞、「つ」は助動詞の終止形、「らめ」は助動詞で「討ちとどめさせ給ひても」の「討ちとどめ」と同じ活用形。
⑥ 「し」は動詞の連用形、「つ」は助動詞の終止形、「らめ」は助動詞で「かひなき命をば、御助け候へかし」の「候へ」と同じ活用形。

本気の解答を送ってきてください!

http://gorogo.net/line-answer/

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

『現代文ゴロゴ 解法公式集』、やるべし!!

さて、受験生ならばもう『漢字ゴロゴ』はパーフェクトにマスターしましたか?

それから『語句ゴロゴ』の「テーマ43」も必ず読んで理解してください。こうした知識をおろそかにしていては、現代文の読解なんて覚束ないのは当たり前です。

国立大医学部医学科に合格した先輩から、「特に理系の人は、センター現代文の攻略のために『語句ゴロゴ』を読むように薦めてください」とメールがきました。もちろん文系の人も現代文の頻出テーマ攻略はお早めに!

それから、『現代文ゴロゴ 解法公式集 1センター試験編』について、次のようなうれしいメールが来ました。

「板野先生初めまして。 私は国公立の医学科を目指す高3の女子です。

もちろん理系なので、今まで数学や物理化学に時間を費やし、これといって現代文の対策をしてきませんでした。

しかし、この時期になって今までなんとなく点数の取れていた国語が足を引っ張るようになってしまいました。

センター試験で9割取らなければならない私にとって200点分を「なんとなく」取るのでは足りないのです。

勉強法も今さらわからず、もう無駄かもしれない…と絶望的な気持ちで本屋へ行き、偶然『現代文ゴロゴ 解法公式集』を手にしました。

それが今日の夕方のことです。

それから私は死に物狂いでパターン集を読み込み、5時間で読破しました。 それからセンターの過去問の初見の問題をやったところ、今まで6〜7割しかとれていなかった現代文でなんと全問正解しました。

たまたまかもしれないと思ってその前の年度の問題も解いたところ、またもや全問正解。

嬉しさのあまり涙が止まらなくなりました。わずか5時間前とは全く違う私に変貌したのです。

一夜明けて忘れないように、このあとも過去問演習を繰り返したいと思います。本当にすばらしい参考書を創ってくださってありがとうございました。」

こんなに褒めてもらって著者としてうれしい限りですが、まだ『現代文ゴロゴ 解法公式集 1センター試験編』をやっていない人は、早めにやって現代文を得意科目にしてください。

ちなみに、文系の人は、まず最初に『現代文ゴロゴ 解法公式集 2国公立私立大編』をやってみてください。

攻略アイテムを使いこなし、解法公式をマスターしたら、どんな大学の問題でも間違いなく合格点が取れるようになります。

なぜなら板野自身が毎年このアイテムと公式を使って、すべての大学の問題を解いているからです。

間違いない!!

この記事のページへ >>
LINEで送る