ver. 1.6.0

ゴロゴ.netブログ記事一覧

カテゴリー: 勉強法
板野 博行
板野 博行

古文の勉強法

板野の書いた古文問題集、『極める古文1基礎・必修編』を最後の講まで終えた生徒から、こんな質問がありました。

「第8講は24点でした。最後が1番悪くてすごく落ち込みました。

これで8回分終わったわけですが自分に本当に古文力がついているのか疑問になります。

自分は国語が大の苦手で、特に現代文がひどくて模試では古典でなんとかカバーしてきたのですが、その古典もあるレベルを越えた文章になると突然読めなくなって国語全体の点数が崩壊してしまいます。

単語などの知識はゴロゴ等でいれていますが内容把握ができません。どうしたらよいのでしょうか?」

というものです。
この場合、まずやって欲しいのが「音読」です。

この問題集には「音声講義」も付いていますが、何はともあれ、古文を自力で音読し、同時に口語訳を見てください。

特に口語訳に赤い波線が付いているところが解釈のポイントなので、何度も音読しながら波線部を参照しながら口語訳を見て、最後にはすらすら音読しながら自力で口語訳できるようになれば、古文力は大幅にアップしています。

基本問題ならばある程度得点できても、難しい問題になると突然得点できなくなる、という悩みを抱えている人は多いようです。

苦手科目やスランプに対する解決方法としては、一度離れて冷静になり、客観的に自分を見つめるという方法と、今まで以上にがむしゃらにやる、という方法とがあります。

どちらがいいとか悪いとかを決めるつもりはないのですが、板野の知る限りの一流アスリートたちは、圧倒的に後者のタイプ、つまり「がむしゃらに量をこなす」ことでスランプや苦手意識を克服しているようです。

ソフトバンクの孫正義社長が、高校を一年で中退して単身アメリカに渡り、わずか3週間(!)で向こうの高校3年分の教科書をすべて覚えこんだとき、

「ご飯を食べているときでも隣に置いた教科書を読んでいた。

お皿を見ながらご飯が食べられたらどんなに美味しいことだろうと思った」

というほどの猛勉強をしたそうです。

それくらいのがむしゃらをやってから「苦手だ。できない」と言ってください。

つまり、そんなネガティブな言葉は君の辞書から永久追放してしまうのです。

『極める古文1基礎・必修編』に関して言えば、徹底的な復習、これに尽きます。

本文を何度も読み、単語・文法からのアプローチを繰り返し、そして本文を音読しながら頭の中で人物関係を把握しながら口語訳し、古文の呼吸を完全につかんでください。

8講分を完全にマスターしたとき、違う世界が見えているはずです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

喝!!

GWも終わります。
ボーっと過ごしてしまった人に、今日は喝!!です。

勉強ができない人の原因の大半は「勉強をしていない」、アルイハ「勉強しているフリだけ」という事実です。

もし「この英単語50個を1時間で覚えろ。さもないとお前の命はいただく!」と言われたら、ほとんどの人が死に物狂いで英単語50個を覚えるでしょう。
命なんていらないよ、とは言わないでしょうし、なぜ英単語50個なんだ、と文句を言っても始まらないのです。

そして必死で英単語を覚えてみると、たいていの人が1時間で50個くらいはなんとか覚えられます。
とすると英単語2000語なんて40時間で制覇できる分量に過ぎません。
もちろん定着させるには何度も復習しなければならないでしょうが、とにかく1年あれば全員2000単語レベルは制覇できるはずです。

そして、それを全部の科目にあてはめていけば、センター試験で80%以上は得点できるはずですし、その結果としておのずと第一志望大学の合格も引き寄せられるのです。

『受験勉強』がみんなの仕事です。プロの受験生たるもの、その程度はクリアしたいものです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

一日の勉強時間について

先日、偏差値28から早稲田大学に合格した生徒の話をしました。

参考までに、偏差値30くらいの「浪人生」が一念発起して、一年間で早稲田大学に合格するための平均的な勉強時間を書きます(あくまでも平均です。人によって違います)。

4月から1月の300日の勉強期間として、

・英語…2000時間
(1日6~7時間)

・国語…800時間
(1日2~3時間)

・地歴・公民1000時間
(1日3~4時間)

→合計3800時間

つまり、1日12時間から13時間の勉強を300日続ける根性が必要です。

どうですか、ビビりましたか? それともやってやろうじゃないか、と気合いが入りましたか?
これだけやっても必ず合格するとは限らないのが入試です。

もちろん大学は早稲田だけではありませんし、国公立大学はさらに二次試験対策や5教科全部のセンター対策が必要なので、メニュー自体が違います。

とにかくここで板野が言いたいのは「大学入試は甘くない」ということです。

今年涙をのんだ先輩方からのメッセージで最も多かったのは、「もっと早くから本気で勉強しておけばよかった。それを後輩に伝えてください」というものでした。
先輩方の声を真剣に受けとめて、ぜひ日々精一杯悔いなく努力してください。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

2016年のセンター国語の分析と2017年予想

今日は、2016年のセンター国語の分析をお届けします。

平均点129.4点

1 評論 33.6点
2 小説 33.1点
3 古文 34.2点
4 漢文 28.5点

2015年より、平均点が約10点アップしました。
しかし、その内訳をみると、古文が9.4点アップしているのが上昇分のほとんどであることが分かります。

つまり、評論・小説・漢文は例年並みだったのに対して、古文だけ易化したわけです。
ちなみにこの10年間のセンター古文の平均点は22.9点です。
半分もとれないことのほうが多い、難しい科目なのです。

今年のような易しい年は非常に珍しいと言えます。
となると、2017年のセンター古文は例年に戻って半分程度の平均点になり、国語全体の平均も今年より5点以上下がると予想されます。

来年の受験生は、今年の古文が易しかったからといって決して古文の勉強をおろそかにしないようにしましょう。

この記事のページへ >>
LINEで送る