ver. 1.6.0

ゴロゴ.netブログ記事一覧

カテゴリー: 大学受験を極める!
板野 博行
板野 博行

古文の勉強法

板野の書いた古文問題集、『極める古文1基礎・必修編』を最後の講まで終えた生徒から、こんな質問がありました。

「第8講は24点でした。最後が1番悪くてすごく落ち込みました。

これで8回分終わったわけですが自分に本当に古文力がついているのか疑問になります。

自分は国語が大の苦手で、特に現代文がひどくて模試では古典でなんとかカバーしてきたのですが、その古典もあるレベルを越えた文章になると突然読めなくなって国語全体の点数が崩壊してしまいます。

単語などの知識はゴロゴ等でいれていますが内容把握ができません。どうしたらよいのでしょうか?」

というものです。
この場合、まずやって欲しいのが「音読」です。

この問題集には「音声講義」も付いていますが、何はともあれ、古文を自力で音読し、同時に口語訳を見てください。

特に口語訳に赤い波線が付いているところが解釈のポイントなので、何度も音読しながら波線部を参照しながら口語訳を見て、最後にはすらすら音読しながら自力で口語訳できるようになれば、古文力は大幅にアップしています。

基本問題ならばある程度得点できても、難しい問題になると突然得点できなくなる、という悩みを抱えている人は多いようです。

苦手科目やスランプに対する解決方法としては、一度離れて冷静になり、客観的に自分を見つめるという方法と、今まで以上にがむしゃらにやる、という方法とがあります。

どちらがいいとか悪いとかを決めるつもりはないのですが、板野の知る限りの一流アスリートたちは、圧倒的に後者のタイプ、つまり「がむしゃらに量をこなす」ことでスランプや苦手意識を克服しているようです。

ソフトバンクの孫正義社長が、高校を一年で中退して単身アメリカに渡り、わずか3週間(!)で向こうの高校3年分の教科書をすべて覚えこんだとき、

「ご飯を食べているときでも隣に置いた教科書を読んでいた。

お皿を見ながらご飯が食べられたらどんなに美味しいことだろうと思った」

というほどの猛勉強をしたそうです。

それくらいのがむしゃらをやってから「苦手だ。できない」と言ってください。

つまり、そんなネガティブな言葉は君の辞書から永久追放してしまうのです。

『極める古文1基礎・必修編』に関して言えば、徹底的な復習、これに尽きます。

本文を何度も読み、単語・文法からのアプローチを繰り返し、そして本文を音読しながら頭の中で人物関係を把握しながら口語訳し、古文の呼吸を完全につかんでください。

8講分を完全にマスターしたとき、違う世界が見えているはずです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

「死んでも、勝て」

リオオリンピックでの日本人選手の活躍が連日報道されています。逆転での勝利や悔しい敗戦などいろいろですが、どうあれ、いずれもとてつもない努力の果てに得た結果です。

受験生はテレビにかじりついているわけにはいかないと思いますが、そうした選手たちと同様、自分が戦っている本人のつもりで、悔いのない勉強をして受験に臨んでください。

オリンピック四連覇を成し遂げた、伊調選手のお母さん(故人)の言葉は、

「死んでも、勝て」

だったそうです。
受験とて同じ。

「死んでも、受かれ」

必死でやろう!!

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

浪人生からのメッセージ

○浪人生からのメッセージです。

こんにちは、板野先生。
僕は昨年、北大を受けてあと2点足りず不合格で、今は浪人しています。

成績開示をした時は言葉に出来ないような感情が込み上げ、思わず笑ってしまうぐらいでした。

予備校は夏休みに入り、ようやく自分の勉強にうちこめるようになり、昨日化学の問題集に手を伸ばしました。とりあえず昨年の入試前に解き残していたものを終わらせてしまおうと思いました。

すると2問目が何だか最近見たことのある問題だと思い、予備校のテキストを見たのですが、似たような問題さえありません。

そして僕は気がつきました。それは北大入試の問題とそっくりで、本番では僕はほとんど解けなかったものでした。

それをやっていれば少なくとも2点は入試の点数が上がっていたと思います。

そうすれば受かっていたのに…

なんであと2問分を解かなかったのだろう、と思いました。
詰めが甘かったか…

でも1日考えてみて、こう思いました。
詰めが甘かったのではなくて、もっと前の段階で、怠けてしまい、そのツケが回ってきたのだ。

いつかこのメルマガで、

「お前がいつか出会う災いはお前がおろそかにしたある時間の報いだ」

というのを見て、教訓としてノートの裏に書き留めました。
それを、こんなに早い段階で痛感するとは…

全国の受験生の皆さんにも、1秒1秒を大事に勉強して欲しいです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

喝!!

GWも終わります。
ボーっと過ごしてしまった人に、今日は喝!!です。

勉強ができない人の原因の大半は「勉強をしていない」、アルイハ「勉強しているフリだけ」という事実です。

もし「この英単語50個を1時間で覚えろ。さもないとお前の命はいただく!」と言われたら、ほとんどの人が死に物狂いで英単語50個を覚えるでしょう。
命なんていらないよ、とは言わないでしょうし、なぜ英単語50個なんだ、と文句を言っても始まらないのです。

そして必死で英単語を覚えてみると、たいていの人が1時間で50個くらいはなんとか覚えられます。
とすると英単語2000語なんて40時間で制覇できる分量に過ぎません。
もちろん定着させるには何度も復習しなければならないでしょうが、とにかく1年あれば全員2000単語レベルは制覇できるはずです。

そして、それを全部の科目にあてはめていけば、センター試験で80%以上は得点できるはずですし、その結果としておのずと第一志望大学の合格も引き寄せられるのです。

『受験勉強』がみんなの仕事です。プロの受験生たるもの、その程度はクリアしたいものです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

合格体験記1

○又吉きき

現役時代は、あと5点というところで早稲田の第一志望学部、その他の学部も全落ちしました。
それから独学で一年間の浪人生活を経て、今年は早稲田4学部全てに合格する事ができました。

勉強し始めの当時は古典の読解が一番苦手でした。そこで絵付きのゴロゴを漫画を読む感覚で隙間時間に何度も繰り返しました。
一度で覚えようとするのではなく、何度も繰り返しているうちに覚えることが大切だと思います。

私の場合、文章中にゴロゴの単語を見ると、絵とゴロゴが自然とでてくるようになりました。
知っている単語が増えると少しずづ読解が出来るようになり、気が付くと古典が一番の得点源になっていました。

そこからは毎日古典の勉強をするのが楽しくなりました。ゴロゴでは565語も記載されているので、早稲田の入試では、頻出度Cランクの単語を知っていたため選択肢を一発で選べる!ということが何度もありました。
古典は慣れるまでが大変ですが、コツを掴むと一気に得点源になります。

経験から単語の暗記はとても重要だと思います。

また、浪人時代は独学だったので自分の勉強方が正しいのか何度も不安になったり、浪人生ということで後がないっと焦りを感じる事もありました。
そんな時いつも板野先生からの熱い応援メッセージ、板野先生が配信してくださった先輩方の合格体験記に励まされました。

私が早稲田を目指すと公言したとき周りの人は笑っていました。
受験期間は何度も辛い経験もしました。

それと同時に学ぶ楽しさをしりました。私は今、早稲田の第一志望学部で大学生活を送っています。
ふとした瞬間に自分は早稲田の学生なんだ!受験生の時どうしても行きたかった早稲田で私は今勉強してるんだ!と感じ、E判定でも決して諦めなかった受験生の自分に感謝します。

受験は自分との闘いであり辛く逃げ出したくなることも沢山あります。
どんなに志望校とのギャップが大きくても諦めないで頑張ってほしいです。

第一志望で学べることは本当に幸せです。
そして逆転合格は自分にも十分に起こりうることだと信じ、与えられてあるチャンスを無駄にせず頑張ってほしいです。

最後に、ゴロゴという素晴らしい教材を出版してくださり本当にありがとうございます。
ゴロゴの単語帳と板野先生からのメッセージなしでは早稲田合格は難しかったと思います。本当にありがとうございました。 

○板野より

浪人生活を「独学」で過ごして、無事に第一志望大・学部に合格した又吉ききさん、心からおめでとうございます!!

充実した大学生活を送っているようで安心しました。
今度は、次なる目標を立てて、それに向かってまた努力を続けてください。

「念ずれば、花開く」

努力に勝る才能はないのです!!

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

一日の勉強時間について

先日、偏差値28から早稲田大学に合格した生徒の話をしました。

参考までに、偏差値30くらいの「浪人生」が一念発起して、一年間で早稲田大学に合格するための平均的な勉強時間を書きます(あくまでも平均です。人によって違います)。

4月から1月の300日の勉強期間として、

・英語…2000時間
(1日6~7時間)

・国語…800時間
(1日2~3時間)

・地歴・公民1000時間
(1日3~4時間)

→合計3800時間

つまり、1日12時間から13時間の勉強を300日続ける根性が必要です。

どうですか、ビビりましたか? それともやってやろうじゃないか、と気合いが入りましたか?
これだけやっても必ず合格するとは限らないのが入試です。

もちろん大学は早稲田だけではありませんし、国公立大学はさらに二次試験対策や5教科全部のセンター対策が必要なので、メニュー自体が違います。

とにかくここで板野が言いたいのは「大学入試は甘くない」ということです。

今年涙をのんだ先輩方からのメッセージで最も多かったのは、「もっと早くから本気で勉強しておけばよかった。それを後輩に伝えてください」というものでした。
先輩方の声を真剣に受けとめて、ぜひ日々精一杯悔いなく努力してください。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

「出来ると信じること。それが出来るということ」

「出来ると信じること。それが出来るということ」

板野の座右の銘です。そして、

「初志貫徹」

です。
この一年間、誰にも負けない覚悟で受験に臨みましょう。その最初の戦うべき相手は自分自身です。
前にも話したかもしれませんが、国語の偏差値28、英語は35からスタートして一年で早稲田大学法学部に現役合格した生徒がいました。
また彼女の勉強法などは紹介したいと思いますが、彼女が最初にしたことは自分との戦いに勝つことだったはずです。

今まで受け身で勉強してきて、なんとなく流されるままに大学入試を迎える人も多いと思います。
しかし、大学入試とその結果は、自分以外の誰も責任はとってくれないことを肝に銘じておいてください。

しかも、そこでの結果は一時的なものではありません。
一般的に大学が最終学歴になる可能性の高いものです。
学歴という意味では、最後にして最大のチャンスを迎えているわけです。
もし、今まで本気で勉強してこなかった人、大学について真剣に考えたことのなかった人は、今日一日、正面から自分と向き合ってみてください。
そして自問自答した果てのその答えが「勉強して大学に行くぞ」というものなら、すぐにスタートしましょう。
悔いのない一年間にするためにも、高い目標をもち、しっかり計画を立てて実行してください。

もう昨日までのキミとはサヨナラです。
「出来ると信じること。それが出来るということ」です!

一生に一度、本気で一年間勉強してみませんか。
全ての可能性は、出来ると信じるところから生まれてくるのです。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

正解発表!

正答率は50%

正解発表!

 

6  「る」は存続、「に」は断定

 

「思へる」の「る」は、「エ段+る」なので、完了・存続の「り」の連体形。ここでは「存続」しか選択肢にないので、5か6に絞る。

 

上に心情語の「思へ」があるからと言って、自発!と単純に考えないこと!

ここの「思へ」は、四段動詞の已然形。

 

「にや」の「に」は断定の助動詞「なり」の連用形。「にや」の下には「あらむ(ん)」が省略されている。

   

直前の「る」が連体形なので、「に」は完了ではなく、断定。

 

「にぞ・になむ・にや・にか・にこそ」のように、係助詞を伴う場合の「に」は断定である場合が圧倒的に多い。

正解できた人は、なんでこの問題ごときで正答率が低いの?と疑問でしょう。

一方、不正解の人は、いつまで経っても間違えるのです。

 

つまり、この問題は文法力を試すのに、大学入試の出題者にとってもっともオイシイ問題の一つなのです。

 

ちなみに文法ゴロゴの該当ページは、P44とP40です。

間違えた人は、すぐさま復習です。

この記事のページへ >>
LINEで送る