ver. 1.6.0

ゴロゴ.netブログ記事一覧

カテゴリー: 早大合格コース
板野 博行
板野 博行

6/23 早稲田大学の問題の正解発表!!

正解発表!!

「したまひしか」

ここは後の「訪ひたまはぬ」=「動詞+補助動詞+助動詞」の組み合わせがヒント。
主語が同じなので、述語部分も同様の動詞・補助動詞・助動詞の組み合わせと考える。

(  )の中に入る三語も同様の組み合わせと考えられるので、

「す+たまふ+き」

と考える。

まず「す+たまふ」は、サ変の連用形が「し」なので、「したまふ」となる。

残る過去の助動詞「き」の接続は連用形なので、「したまひき」となる。

ただし、手前に係助詞「こそ」があるので、「き」を結びとして已然形「しか」にする必要がある。

よって、正解は「したまひしか」。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

早稲田大学、しかも偏差値70の問題に挑戦だ!!

今日は早稲田大学、しかも偏差値70の問題に挑戦だ!!
正解できるかな?

○片時立ち退きしをだに苦しきものにこそ( )、今は前を渡り歩きたまへど訪ひたまはぬは、

問 次の三つの単語を、必要に応じて適宜活用させながら、( )にふさわしい表現となるように組み合わせて、解答欄に記せ。


す(動詞)
たまふ

できれば、なぜ、その解答になったかもセルフレクチャーして送ってください!

http://gorogo.net/line-answer/

正解は夜10時頃配信します。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

合格体験記1

○又吉きき

現役時代は、あと5点というところで早稲田の第一志望学部、その他の学部も全落ちしました。
それから独学で一年間の浪人生活を経て、今年は早稲田4学部全てに合格する事ができました。

勉強し始めの当時は古典の読解が一番苦手でした。そこで絵付きのゴロゴを漫画を読む感覚で隙間時間に何度も繰り返しました。
一度で覚えようとするのではなく、何度も繰り返しているうちに覚えることが大切だと思います。

私の場合、文章中にゴロゴの単語を見ると、絵とゴロゴが自然とでてくるようになりました。
知っている単語が増えると少しずづ読解が出来るようになり、気が付くと古典が一番の得点源になっていました。

そこからは毎日古典の勉強をするのが楽しくなりました。ゴロゴでは565語も記載されているので、早稲田の入試では、頻出度Cランクの単語を知っていたため選択肢を一発で選べる!ということが何度もありました。
古典は慣れるまでが大変ですが、コツを掴むと一気に得点源になります。

経験から単語の暗記はとても重要だと思います。

また、浪人時代は独学だったので自分の勉強方が正しいのか何度も不安になったり、浪人生ということで後がないっと焦りを感じる事もありました。
そんな時いつも板野先生からの熱い応援メッセージ、板野先生が配信してくださった先輩方の合格体験記に励まされました。

私が早稲田を目指すと公言したとき周りの人は笑っていました。
受験期間は何度も辛い経験もしました。

それと同時に学ぶ楽しさをしりました。私は今、早稲田の第一志望学部で大学生活を送っています。
ふとした瞬間に自分は早稲田の学生なんだ!受験生の時どうしても行きたかった早稲田で私は今勉強してるんだ!と感じ、E判定でも決して諦めなかった受験生の自分に感謝します。

受験は自分との闘いであり辛く逃げ出したくなることも沢山あります。
どんなに志望校とのギャップが大きくても諦めないで頑張ってほしいです。

第一志望で学べることは本当に幸せです。
そして逆転合格は自分にも十分に起こりうることだと信じ、与えられてあるチャンスを無駄にせず頑張ってほしいです。

最後に、ゴロゴという素晴らしい教材を出版してくださり本当にありがとうございます。
ゴロゴの単語帳と板野先生からのメッセージなしでは早稲田合格は難しかったと思います。本当にありがとうございました。 

○板野より

浪人生活を「独学」で過ごして、無事に第一志望大・学部に合格した又吉ききさん、心からおめでとうございます!!

充実した大学生活を送っているようで安心しました。
今度は、次なる目標を立てて、それに向かってまた努力を続けてください。

「念ずれば、花開く」

努力に勝る才能はないのです!!

この記事のページへ >>
LINEで送る