ver. 1.6.0

ゴロゴ.netブログ記事一覧

カテゴリー: 板野の言いたい放題!!
板野 博行
板野 博行

阪大法学部に合格した一浪生からのメッセージ

今回は、昨年も紹介した先輩の合格体験記を紹介します。


こんにちは。大阪大の法学部に浪人して合格したものです。

現役の時はいわゆる不良で勉強もほとんどしたことがなく、現役のセンターでは442/900でした。
特に英語は56点という悲惨な状況で、もちろん国立は全部DかEでした。ですが立ち直り1年必死に勉強してセンター本番では86%にまで上がり、早稲田政経、慶應経済、大阪法に合格しました。

僕は一日平均17時間は勉強しました。睡眠5時間で浪人中は他にほとんどなにもしませんでした。

それが自分が難関大学に入る為の最低限のノルマだと思っていたからです。
7月頃は20時間やっていてついに倒れて運ばれましたがその後も変わらずやってました(おかげで4回倒れました)。

腕が痛くて医者に行ったこともありました。僕の場合は、はいあがる方法が他になかったので本当に必死でやりました。

難関合格圏の人に10時間程度の勉強ではとても逆転なんてできません。それくらいみんなやってます。逆転なら15時間は最低やるべきです。今の時期、効率などを考えてもしょうがないと思います。

やってるうちに効率は思いついてくるものです。

効率良くて量も多くなると無敵です。強いて言えば基礎を徹底してやるべきです。
難関志望生は意外にそこでつまずきます。

難問なんか今の時期やる必要はないし入試にも出ません。
最後に、板野先生ありがとうございました。」

というものです。
倒れるまでやるのはちょっと極端だとは思いますが、彼の努力は大阪大学合格という形で実ったのです(睡眠時間はもう少しとってね)。

難関大学を狙っている人が、このくらい勉強しているという事実を肝に命じて勉強していきましょう!!

合格を勝ち取るのは甘くないぞ!!

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

一日の勉強時間について

先日、偏差値28から早稲田大学に合格した生徒の話をしました。

参考までに、偏差値30くらいの「浪人生」が一念発起して、一年間で早稲田大学に合格するための平均的な勉強時間を書きます(あくまでも平均です。人によって違います)。

4月から1月の300日の勉強期間として、

・英語…2000時間
(1日6~7時間)

・国語…800時間
(1日2~3時間)

・地歴・公民1000時間
(1日3~4時間)

→合計3800時間

つまり、1日12時間から13時間の勉強を300日続ける根性が必要です。

どうですか、ビビりましたか? それともやってやろうじゃないか、と気合いが入りましたか?
これだけやっても必ず合格するとは限らないのが入試です。

もちろん大学は早稲田だけではありませんし、国公立大学はさらに二次試験対策や5教科全部のセンター対策が必要なので、メニュー自体が違います。

とにかくここで板野が言いたいのは「大学入試は甘くない」ということです。

今年涙をのんだ先輩方からのメッセージで最も多かったのは、「もっと早くから本気で勉強しておけばよかった。それを後輩に伝えてください」というものでした。
先輩方の声を真剣に受けとめて、ぜひ日々精一杯悔いなく努力してください。

この記事のページへ >>
LINEで送る
板野 博行
板野 博行

「出来ると信じること。それが出来るということ」

「出来ると信じること。それが出来るということ」

板野の座右の銘です。そして、

「初志貫徹」

です。
この一年間、誰にも負けない覚悟で受験に臨みましょう。その最初の戦うべき相手は自分自身です。
前にも話したかもしれませんが、国語の偏差値28、英語は35からスタートして一年で早稲田大学法学部に現役合格した生徒がいました。
また彼女の勉強法などは紹介したいと思いますが、彼女が最初にしたことは自分との戦いに勝つことだったはずです。

今まで受け身で勉強してきて、なんとなく流されるままに大学入試を迎える人も多いと思います。
しかし、大学入試とその結果は、自分以外の誰も責任はとってくれないことを肝に銘じておいてください。

しかも、そこでの結果は一時的なものではありません。
一般的に大学が最終学歴になる可能性の高いものです。
学歴という意味では、最後にして最大のチャンスを迎えているわけです。
もし、今まで本気で勉強してこなかった人、大学について真剣に考えたことのなかった人は、今日一日、正面から自分と向き合ってみてください。
そして自問自答した果てのその答えが「勉強して大学に行くぞ」というものなら、すぐにスタートしましょう。
悔いのない一年間にするためにも、高い目標をもち、しっかり計画を立てて実行してください。

もう昨日までのキミとはサヨナラです。
「出来ると信じること。それが出来るということ」です!

一生に一度、本気で一年間勉強してみませんか。
全ての可能性は、出来ると信じるところから生まれてくるのです。

この記事のページへ >>
LINEで送る