今回は「而」に関する問題です。意味的には、接続詞と置き字の違いよりも、順接と逆接の違いの方が重要ですので、しっかり判別してください。

問題 次の文の中から、逆接で「而」が用いられているものを学一つ選べ。
① 吾十有五而志于学。
② 学而習之、亦不説乎。
③ 士志於道而恥悪衣悪食者、未足与議也。
④ 既老而衰。

正解 ③
解説 「而」には順接と逆接の両方の意味があります。接続詞の場合は「しかして」「しかるに」と訓み分けますが、置き字の場合は訓みとしては出てきませんので注意してください。③は解釈すると、「士人で道に志しているのに粗末な衣食を恥じるような者は、ともに議論するに値しない」となります。「志於道」と「恥悪衣悪食」が反対の内容ですね。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。