徳村ヒデキの入試英語小テスト 第1回

みなさん、こんにちは!
全国講師オーディション「講師-園」英語部門優勝の徳村ヒデキです。

いよいよ新学期ですね。

受験生においては、センター試験まで残り300日を切った、ということになります。

今年度のスタートでありながら、実はラストスパートに入っていく時期とも考えられるのです。

高校生活があっという間に過ぎていくことは、みなさんも十分に実感しているかと思います。

これから1年間勉強をしていくにあたって、ここであらためて「時間」の大切さを確認してみましょう。

僕らすべての人間に平等に与えられているものと言ったら、それは「時間」ただひとつです。

生い立ちや生活環境は人それぞれ異なっていても、この「時間」だけは誰にでも平等です。

つまり、「受験本番までに残された時間も皆同じ」ということです。

その残された時間をどのように配分していくか、これこそがみなさんにとって最も重要なことになるのです。

授業や部活などの学校生活はもちろん、課題や模試といった目先のこと、300日後に控える入試本番などなど、みなさんはこの1年、様々なことに対して時間と労力を使っていくことになるでしょう。

その中で、常に意識していて欲しいのが、「時間配分のバランスが上手にとれているかどうか」ということです。

生きていくにはバランスが大切です。

「今自分がやっていることは何なのか?」
「それは目先のことなのか、将来に向けてのことなのか?」

このような視点で日々の生活を意識できるようになると、時間の経過と共に、人は確実に成長していきます。

特に高3生の人にとっては、「将来のための時間」をしっかりと確保していってほしいと思います。

時にはつらいこともあると思いますが、自分の「将来像」をしっかりイメージして、乗り越えていきましょう。

これから1年間、この小テストでたくさんの情報を発信していき、みなさんの英語学習のお手伝いができればと思っています。

それではこれから1年間、どうぞよろしくお願いします。