ver. 1.6.0

極める漢文 2 センター試験編 (音声講義付き問題集)

板野 博行 著

板野 博行先生のプロフィール

板野 博行

京都大学文学部国文科卒。東進ハイスクール、東進衛星予備校で現代文と古文を担当。受験研究所『アルスファクトリー』代表。『古文単語ゴロ565』(アルス工房)は受験生から圧倒的な支持を受けるベストセラー。入試現代文攻略の解法を教える問題集シリーズ『板野博行のターゲット現代文1~5 改訂版』(旺文社)など著書多数。

板野 博行先生の著書

センター漢文において満点を達成するための実力を養います

この問題集の最大の特長は、「ビジュアル解説」と「音声解説」のダブル解説です。
「ビジュアル解説」では、解答の根拠や出題ポイントなどの解説を問題文に赤字で直接書き込んでいます。
問題をどう読みどう解くかの流れが、視覚的に理解ができます。
「音声解説」では、ビジュアル解説で書き込まれた内容を、流れに沿って詳しく説明していきます。
プラスアルファの知識や入試対策情報もバッチリ講義しています。

『2 センター試験編』では、センター過去問において良問かつ正答率の低い問題を取り上げ、入試漢文での総合力・応用力をしっかりと鍛える構成になっています。
前半は一問一答形式の出題で、センター試験でよく問われる漢文句法を確認しながら、難易度が高めの問題を正解するための読解法を学習します。
後半では演習問題を取り扱い、試験本番を想定した総合的な読解力やスピード感覚を養成します。
問題の解説には、板野先生の解説授業を収録したDVDが付属します。
講義時間は約3時間55分の大ボリューム!
板野先生の授業をいつでも好きな時間に自宅で受けられます。
『極める問題集シリーズ』は問題冊子が別冊になっているので勉強しやすく、短期間でサクサクと進められます。
入試漢文の読解に必須となる実践的な力を、板野先生の授業で確実にマスターしましょう。
【 購入者特典 】
さらに購入者特典として、センター試験過去問を板野先生が解説した「音声講義」が無料で聴けます!
最新年度を含むセンター過去問の音声講義で、入試本番対策を仕上げましょう!
目指すはセンター漢文満点です! !

定価:¥918
ISBN:978-4907422233
Amazonで購入する »

参考書&スマホの融合 ハイブリッド仕様

ハイブリッドコードを入力することにより、下記追加コンテンツを視聴できるようになります。
映像講義はファイルサイズが大きいため、WifiまたはLTEの環境でお使いください。
当書籍およびハイブリッドコンテンツへの感想は下記よりコメントお寄せください(ログインが必要です。)
※ トラブル等の報告およびサポートにつきましては、【お問合せ】にお寄せください。

追加コンテンツ

このコーナーは購入者限定のコンテンツです。
閲覧するには以下をお読み下さい。
  1. 書籍の袋綴じに記載されたハイブリッドコードをご用意ください。
  2. ハイブリッドコードを下記フォームへ入力(ユーザー登録不要)
  3. またはユーザー登録後【マイページ】»【登録情報の編集】にてハイブリッドコードの登録。ハイブリッドコードを書籍を複数購入されている方や、複数の端末を利用されている方はこちらが便利です。

ハイブリッドコードを入力することにより、下記追加コンテンツを視聴できるようになります。

HBコードを記憶する
※半角英数でご入力ください。 ※「-」ハイフンもご入力ください。

▼ 【New!】直前対策ビデオ講義

▼ 電子ブック

▼ 音声講義 本文解説

▼ 音声講義 本文書き下し

▼ 音声講義 センター漢文解説

LINEで送る

コメント
コメントするには【ログイン】が必要です。
ぜひ【新規ユーザー登録のご案内】よりご登録ください。

4件の質問・コメント ▼

  • 2016年12月23日 11:09 AM
    arlearrow

    誤字報告2

    P92
    9行目ルビ
    ✕りふゐ
    〇ちふゐ

  • 2016年12月22日 8:12 PM
    arlearrow

    一応誤字の報告です。

    P88
    4行目ルビ
    ✕つくらんと
    〇いたらんと

  • ゴロゴ.net 2015年12月30日 6:02 PM
    ゴロゴ.net

    結論から言うと、この場合の「自」を「おのづから」と読むのは「文脈判断」です。

    「自」を「みづから」と読むと、「自分から・自身」の意になります。
    この文脈でそう読むと、「このことは今の人だけができないことではない。昔の人にも自分からできる人は少ないのである」となって文意がおかしくなります。

    「おのづから」と読むと、「自然と」の意になります。
    「このことは今の人だけができないことではない。昔の人にも自然と(誰の 力も借りずに)できる人は少ないのである」となり、文意が通ります。

    つまり、「このこと(=年老いて学ぶこと)は、今の人ができないだけではなく、昔の人だってそう簡単に自然とできる人は少なかったのだ」という意味です。

    なお、「おのづから」には「みずから」の意もありますが、ここではその意味だと「みづから」と読んだ場合と同じ意になって変です。
    基本的に、「みずから」は「自分から」の意味で使い、「おのずから」は「自然と」「誰(何)の力も借りずに」といった意味で使います。
    (例)みずから進んで勉強する。
    (例)誰がやったかはおのずから明らかだ。

    板野

  • 2015年12月23日 10:25 PM
    atc

    極める漢文2 センター試験編の第11講について質問です。 正解は⑤で、冊子と音声の解説を聞いて、累加だから正解は⑤以外にありえないことは理解できたのですが、どうして「自」を「みづから」ではなく「おのづから」と読むと判断できるのでしょうか?冊子の解説のページで選択肢の①②③の「みづから」と読んでいる部分に線が引かれ、バツとなっていたので疑問に思いました。
    また、冊子の第11講の書き下し文-口語訳のページで、書き下し文の「おのづから」を、口語訳でも「おのづから」と訳しているのはなぜですか?口語訳で「おのづから」と訳せるのは、「自」を「みづから」と読むときではないんですか?
    長文になってしまいましたがぜひ解説お願いします。