ver. 2.4
ゴロゴ漢文
ゴロゴ漢文

ゴロゴ漢文

カテゴリー:共通テスト「漢文・重要句形」小テスト 記事一覧

漢文【重要句形】第45回

〈重要句形テスト・第45回〉
 今回も詠嘆形を扱います。「豈」を用いますが反語ではないことに注意してください。

問題 次の文を詠嘆形で訓読せよ。
 豈非宝哉。

正解 豈に宝にあらずや。
解説 「豈」の後に「不」「非」などの否定語を伴うと、詠嘆形として「あに~ずや」と読み、「なんと~ではないか」という意味になることがあります。反語形の場合は「あに~ざらんや」です。送り仮名と文脈で判断してください。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第43回

 今回は返読文字の2回目です。返読文字は読解上、再読文字よりも重要ですのでしっかり覚えていってください。

問題 次の文を訓読せよ。
 請追安禄山。

正解 安禄山を追はんことを請ふ。
解説 「請」は前回の「欲」と同様に、「~せんことを請ふ」と動詞から返って読む返読文字で、「~することを願い求める」という意味になります。なお、「こふ、~せん」と返らずに読むこともあります。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。
だい

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第42回

 今回からは返読文字を見ていきます。主要な返読文字は限られていますので、全部覚えてしまってください。

問題 次の文を訓読せよ。
 玄宗必欲捕安禄山。

正解 玄宗必ず安禄山を捕(とら)へんと欲す。
解説 「欲」は「~せんと欲す」と動詞から必ず返って読む返読文字で、〈~しようと思う〉の意味となります。ちなみに、安禄山は唐の玄宗の時代に反乱を起こした武省です。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第41回

 今回は選択形を扱います。何と何が比較され、どちらを選ぶのかに注意しながら意味を取ってください。

問題 次の文を訓読せよ。
 寧為鶏口無為牛後。

正解 寧(むし)ろ鶏口と為るも牛後と為る無かれ。
解説 「寧」と「無」が呼応して選択形をなし、「むしろA(スル)もB(スル)なかれ」と読んで、〈AはしてもBはするな〉の意味となります。この形での「無」は「なかれ」と読んで禁止の意味です。鶏のくちばしになっても牛の尾にはなるな。つまり、どんなに小さな組織でも先頭に立つのが良いという意味の故事成語として用いられます。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第40回

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第39回

 今回は比較形です。さまざまな形があるので一つ一つ覚えていきましょう。

問題 次の文を訓読せよ。
 棄身不如棄酒。

正解 身を棄つるは酒を棄つるに如かず。

解説
 比較形には置き字を用いるものと返読文字を用いるものがありますが、今回は返読文字の方です。「A不如(若)B」で「AはBにしかず」と訓み、「AはBに及ばない」「AよりもBだ」の意となります。A<Bの関係を押さえましょう。本問の文は前漢の説話集である『説苑(ぜいえん)』にある斉の宰相・管仲の言葉です。「お酒を飲んで失言し、身を滅ぼことになるよりも、酒をやめた方が良い」と、桓公からの酒の勧めを断りました。どこぞの政治家に聞かせてやりたい言葉です。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第37回

 今回も前回から引き続き累加形を扱います。限定と反語を組み合わせた形も累加になることを押さえておいてください。

問題 次の文を訓読せよ。
 王如用予、則豈徒斉民安、天下之民挙安。 ※ここでの「如」は「もし」と訓む。

正解 王如し予を用ゐば、則ち豈に徒に斉の民安きのみならんや、天下の民挙げて安からん。

解説
 限定の副詞と反語の疑問詞「豈」を組み合わせると、「~だけだろうか。いや~だけではない」と累加の意味になります。前回も触れましたが、限定の副詞の訓みは「ただに」と変わりますので注意してください。本問の文は『孟子』にある一節で、「王が私を用いてくれたならば、斉国の民だけでなく、天下の民がみな安らかに生活できるだろう」と、孟子のなみなみならない自信がうかがわれます。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第36回

 今回は累加形からの出題です。限定形を否定すると累加形になりますが、訓みかたが変化しますので注意してください。

問題 次の文を訓読せよ。
 凡法術之難也、不独万乗、千乗亦然。 ※「万乗」は大国、「千乗」は小国の意。

正解 凡(およ)そ法術の難(かた)きや、独り万乗のみならず、千乗もまた然(しか)り。

解説
 限定形で用いる副詞と否定の「不」を組み合わせると累加形となり、「~だけでなく」の意になります。「不独~」はそのまま「ひとり~のみならず」と訓みますが、「ただ」と訓む「唯」などを用いる場合は「ただに~のみならず」と訓みが変わりますので注意してください。本問の文は『韓非子』にある一節で、法で治めることが難しいのは大国(万乗)も小国(千乗)も同じだと述べられています。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第35回

 今回は限定形を扱います。副詞と終助詞を用いますので、それぞれしっかりと覚えてください。

問題 次の文を訓読せよ。
 直不百歩耳。是亦走也。 ※「直」は「唯」に同じ。

正解 直だ百歩ならざるのみ。是れも亦走(に)ぐるなり。

解説
 限定形に用いる副詞としては、「ただ」と訓む「唯」「惟」「徒」「特」などと、「ひとり」と訓む「独(獨)」の二種類があります。また、文末には終助詞として「耳」「而已」などを置き、「のみ」と訓みます。本問の文は、「五十歩百歩」の語源となった『孟子』の一節です。五十歩だろうと百歩だろうと敵を見て逃げたことには変わりません。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要句形】第34回

 今回も逆接仮定条件からの出題です。仮定形でのみ用いられる熟語ですので、これは覚えてください。

問題 次の文を訓読せよ。
 仮令得田地、失兄弟心如何。

正解 仮令(たとひ)田地を得(う)とも、兄弟を失はば心は如何(いかん)。

解説
 「仮令」は熟語として「たとひ」と訓み、「たとえ~としても」と逆接仮定条件をつくります。助詞の「とも」に接続する用言は終止形で活用することにも注意してください。また、「縦」も「たとひ」と訓みますので覚えておきましょう本問の文は『小学』という初学者用に編纂された教本にある一節で、「土地を得ても兄弟を失ったら心は満たされない」と、遺産相続をめぐる争いを戒めています。

☆今回扱った句形は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。
だい

この記事のページへ >>
1/4123... »|
キャンセル
Plugin creado por AcIDc00L: noticias juegos
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web