ver. 2.4
ゴロゴ漢文
ゴロゴ漢文

ゴロゴ漢文

カテゴリー:共通テスト「漢文・重要漢字」小テスト 記事一覧

漢文【重要漢字】第45回

 今回も漢字の読みに関する問題です。共通テストでも頻出ですので、主要な漢字は読みと意味を整理していきましょう。

問題 「更」の読みとして適当なものを次の①~④の中から一つ選べ。
 ① かふ  ② つかはす  ③ めぐる  ④ たづぬ

正解 ①
解説 「更」は動詞の場合、〈かふ〉と読みます。〈取り替える〉の意味です。また、副詞としては〈こもごも〉と読みますので(〈かわるがわる〉の意)、こちらも覚えておきましょう。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第44回

 漢字の読みに関する問題も5回目となります。漢文では品詞によって読みや意味が変わってきますので、しっかりと見極めてください。

問題 「幾」の読みとして適当でないものを次の①~④の中から一つ選べ。
 ① ほとんど  ② すなはち  ③ いくばく  ④ ちかし

正解 ②
解説 「幾」はかすかな糸を表した表意文字で、そこから〈ほとんど〉〈いくばく〉〈ちかし〉などの意味が生じている。また、動詞で〈こひねがふ〉と読むこともある。〈すなはち〉とは読まない。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第43回

 今回も漢字の読みに関する問題です。読みが変わると意味も変わりますので、セットで覚えるようにしてください。

問題 「たまたま」と読む漢字を次の①~④の中から一つ選べ。
 ① 会  ② 懐  ③ 概  ④ 過

正解 ①
解説 「会」には、〈ちょうどその時にあう〉という意味から、〈たまたま〉の意が生じています。副詞で出てきた場合は〈たまたま〉と読んでください。なお、〈たまたま〉と読む漢字としてはほかに「遇」があります。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第42回

 漢字の読みに関する問題も3回目となります。気になる漢字は漢和辞典を引いてください。漢和辞典とお友達になることが、漢文上達の近道です。

問題 「仮」の読みとして適当なものを次の①~④の中から一つ選べ。
① まれに  ② まづ  ③ すなはち  ④ もし

正解 ④
解説 「仮」の字は仮定形で用いられ、〈もし(~ば)〉と読みます。文頭に「仮」の字がある場合は、〈もし〉と読んでまず間違いありません。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第41回

 今回も漢字の読みに関する問題です。現代語にはない読み方が問われることが多いですので、注意してください。

問題 「いづくんぞ」と読む漢字を次の①~④の中から一つ選べ。
 ① 烏  ② 遺  ③ 維  ④ 惟

正解 ①
解説 「烏」の字は疑問詞として用いることがあります。文頭にあって、文脈的にカラスではない場合は〈いづくんぞ(~か)〉と読んでください。「どうして~か」という意味です。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第39回

 今回も、慣用表現からの出題です。訓みと意味をセットにしてしっかり覚えましょう。

問題 語と訓みの組合せとして適当でないものを、次の①~④の中から一つ選べ。
 ① 然而‐しからば
 ② 率爾‐そつじ
 ③ 就中‐なかんづく
 ④ 何者‐なんとなれば

正解 ①
解説 ①「然而」は「しかりしかうして」と訓みます。第36回で「而」には順接と逆接の両方があるという話をしましたが、この形の場合は逆接で、〈そうであるにもかかわらず〉の意になりますので注意してください。②「率爾」は〈にわかに・あわてて〉、③「就中」は〈とりわけ〉の意です。④「何者」は、理由を引き出す慣用表現で、〈なぜなら〉と訳します。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第38回

 今回も慣用表現に関する問題です。前回も出てきましたが、「是」は訓みかたに注意してください。

問題 語と訓みの組合せとして適当でないものを、次の①~④の中から一つ選べ。
 ① 於是‐ここにおいて
 ② 是以‐これをもって
 ③ 不者‐しからずんば
 ④ 然則‐しからばすなはち

正解 ②
解説 ②「是以」は「ここをもつて」と訓みます。〈こういうわけで・だから〉の意です。ひっくり返して「以是」だと、「これをもつて」と訓み、〈これによって〉の意になりますので注意してください。①「於是」は文頭に置かれ、接続詞として〈そこで〉の意で用いられます。③「不者」は、前の内容を受けて、〈そうでないならば〉の意になります。④「然則」は〈そうであるからには〉の意です。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第37回

今回からは、慣用表現から出題します。特殊な訓みをしますので、意味とセットにしてしっかり覚えてください。

問題 語と訓みの組合せとして適当でないものを、次の①~④の中から一つ選べ。
 ① 所謂‐ゆゑん
 ② 以為‐おもへらく
 ③ 若是‐かくのごとし
 ④ 聞道‐きくならく

正解 ①
解説 ①「所謂」は「いはゆる」と訓みます。〈世に言うところの〉の意です。「ゆゑん」と訓むのは「所以」ですね(〈理由・手段〉の意)。②「以為」は、たいていは文頭に置かれ、〈思うことには〉と訳します。③「若是」は「如此」とも表記します。また、仮定の「則」を伴って「若是則」とあるときは、「かくのごとくんばすなはち」と訓みます。④「聞道」は〈聞くところによると〉の意です。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第36回

 今回は「而」に関する問題です。意味的には、接続詞と置き字の違いよりも、順接と逆接の違いの方が重要ですので、しっかり判別してください。

問題 次の文の中から、逆接で「而」が用いられているものを学一つ選べ。
① 吾十有五而志于学。
② 学而習之、亦不説乎。
③ 士志於道而恥悪衣悪食者、未足与議也。
④ 既老而衰。

正解 ③
解説 「而」には順接と逆接の両方の意味があります。接続詞の場合は「しかして」「しかるに」と訓み分けますが、置き字の場合は訓みとしては出てきませんので注意してください。③は解釈すると、「士人で道に志しているのに粗末な衣食を恥じるような者は、ともに議論するに値しない」となります。「志於道」と「恥悪衣悪食」が反対の内容ですね。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>

漢文【重要漢字】第35回

 今回が「すなはち」と訓む漢字のラストです。第31回まで戻って、それぞれの漢字の意味を例文と合わせて確認しておいてください。

問題 次の文の空欄に入る漢字として適切なものを一つ選べ。
 今日不雨、明日不雨、( )有死。 ※「不雨」は〈雨ふらず〉と訓む。
① 即 ② 乃 ③ 則 ④ 輒

正解 ①
解説 「即」は、もとは〈くっつく〉を意味し、そこから、〈すぐに・とりも直さず〉の意で用いられます。本問の文は、「漁夫の利」の語源となった『戦国策』にある一節で、食べられまいと貝殻を固く閉じた貝に対して鳥が言った言葉です。解釈すると「そんなふうに口を閉じていて、今日も明日も雨が降らなければ、とりも直さずお前は死んでしまうよ」、仮定の「則」よりも強い意味が込められています。

☆今回扱った漢字は、『新・ゴロゴ漢文』巻末「虎の巻」に掲載されています。

この記事のページへ >>
1/5123... »|
キャンセル
Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web